勿来の関で夏ゴルフ



2017年7月17日
意外なところで土地の歴史や地理を感じながらのゴルフを楽しんだ。歌銘としても有名な、関所があった福島の勿来である。
宮城の実家に帰る途中、さほど期待せずに安さで予約したゴルフ場。だが、往路で思いがけず海岸線の風景を堪能。その昔はここが奥州の入り口だったのだと、しみじみする。小高い山の上にあるゴルフ場からも、ワンホールだけだが海がみえた。おお、海がみえた、とスイングすれば、近くに停まる船だろうか、汽笛がぼーーーっとなった。なかなか素敵な雰囲気で、真夏のゴルフを楽しんだ。全体の距離が短いせいもあり、スコアもまずまず。
ランチの鰹タタキもたっぷり。旅気分で楽しめた。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR