FC2ブログ

チューリッヒ、ポルト、パリ充実の旅⑥ポルトガルご飯

2017年10月14日
 ポルトガルの食事は、コメや魚介をふんだんに使ったシンプルなものが多い。タコが多用されるのも親しみが持てるところ。以下、ポルトで食べた、ポルトガル料理の数々。
タコの天ぷら
タコの天ぷら

タコグリル
タコのグリル 足だけを焼いたものがあるとはガイドで知っていたが、訪れたレストランで注文してびっくり、丸ごとのタコグリルが登場!付け合わせのジャガイモと一緒に、ぺろりと平らげた自分にも驚愕!?

マルシェのタコ
市場にも、大きなタコがありました。隣はサバ?これまた親しみが持てる。

カルドヴェルデ
ポルトガルでは味噌汁の位置づけ、カルドヴェルデ。ジャガイモのスープに、ちりめんキャベツの千切りが浮かんでいる。

イワシグリル 魚開きグリル
ポルトガルでは、魚の塩・オリーブ焼きがよく出てくる。国民食のイワシグリル、こじゃれたレストランのランチに出た白身魚開きグリル。いずれも素朴だが美味しい。そして、魚の塩焼きにワインが合うのだとうれしくなる。

鴨のごはん
鴨のごはん 宿泊したホテルでいただいた、ちょっとお澄ましバージョンの炊き込みご飯。上にチーズが乗っていて、濃厚な味わい

豚のアレンテージョ風
今回の旅で最もおいしくて、新鮮な組み合わせ、豚のアレンテージョ風。豚肉をアサリ・すりおろした赤パプリカで炒め煮するもの。市庁舎近くの小さなレストラン、シアン・キ・ヒュム(喫煙する犬の意味)で。安くてボリュームがある地元客が多い店。おじさん一人が切り盛りする小さな店だが、フランス語が通じて楽しく、そして美味しく過ごせた、今回一番好印象のレストラン。有名ガイド本にも紹介されているせいか、日本人も訪れていた。

ナタ他スイーツ
昨年のリスボンと同じく、やはり、素朴なスイーツが街のそこここにあり。

魚介がたっぷり、素朴な料理法。日本人によく合うポルトガル料理。やはり素朴なポルトガルワインと一緒にいただけば、陽気な気分になる。山盛りジャガイモやお米が添えられていることもあり、太ること間違いなしの美味尽くし。大好きだ!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR