FC2ブログ

チューリッヒ、ポルト、パリ 充実の旅⑦ アーティスティックなパリ

カフェ・フロール
2017年10月15日
 バカンス最後の楽しみは、パリ一泊二日。夕方に到着して夕方の便で成田に向かうから、実質20数時間。大好きなサンジェルマンデプレ界隈に宿泊。ホテルの窓から、有名なカフェ・フロールが見える。夜中の賑わい、早朝の準備までくまなく観察できた。
 いわずもがなだが、パリはアートの街。街全体がセンス良く、おしゃれ。美術展もそこここで行われていた。以下、今回楽しんだ、美しくアートな街並み。
看板 サラダ ステックフリック
 このレストランに来るために、サンジェルマンに泊まりました。大好きなステックフリット専門店。席についたら、頼むのは肉の焼き加減とワインの種類だけ。マスタードが効いたソースが美味しい、ステーキの店。サラダもレタスと胡桃だけ。潔く美しい、食のこだわり。いつ来ても、混雑している。→サンジェルマンデプレのがっつりお肉

ピカソ美術館 ピカソ美術館の内装
 改装後まもない、ピカソ美術館。クラシックな邸宅?を活かした、素敵な内装。

ニキドサンファル展
 おしゃれなブティックだと間違えて、入ろうとしたギャラリー。ニキドサンファル展?→ニキドサンファル展

パリの花屋さん
ポンピドウーセンター近くにあった、素敵なお花屋さん。オレンジ、紫をメインに外装するなんて、おしゃれさん!

 わずかな時間だったが、街のアートに心が躍る滞在となった。今回、パリ・チューリッヒは、全くガイド本を持たずに歩いた。グーグルマップも使わず、思いつくまま歩く愉しさといったらなかった。毎週続けているフランス語レッスンのおかげで、沢山の人とおしゃべりもできた。テロ以来、なんとなく避けていたパリ。やっぱり素敵な街。来年こそは、フランスメインのバカンスにしようと心に決めた。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR