FC2ブログ

バンコクリフレッシュ旅④ ルーフトップレストランでこじゃれディナー

2018年5月21日
 私たちには珍しく、こじゃれたディナーを決め込むこととした。高層ビルほぼ最上階のルーフトップレストランで、夜景を眺めながらモダンタイ料理。ロングテーブルという名のレストラン。予約して、「もしかしてドレスコードありか?」とどよめきながら、訪問した。入り口にはドレスコードありの記載があったが、庶民派おじさん三人は皆短パンにスニーカー。しかし特にとがめられることなく、窓側の良い席に案内された。
 バンコク中心地の夕暮れが美しい。テーブルの近くには、プールもあり、いささか場にそぐわない4人だったが、眺めと夕暮れのお酒サービス、こじゃれたタイ料理を楽しんだ。
 IMG_8066_201805212009401fd.jpg IMG_8068_20180521200943629.jpg
 トムヤンクンには、オマールのごときぷりぷりの大きな海老、ソムタムサラダも、高級感あるお皿に上品に盛られている。全体的におしゃれな感じ。でもまあ、美味しさは街のレストランの方が良いと思った。素敵な眺め、こじゃれ空間が気分を盛り上げるが。夕暮れサービスにシャンパン2杯も頼み、ほろ酔い加減で楽しんだ。
 無骨な?男達三人は、「なんだか暗くて食べ物が見えないな~。闇鍋みたいだ」とか「このトムヤンクンは、メニューにあった値段を4人分にされたな」などと、現実的なことばかりを話している。一理あるが、ムードを楽しむというより、そわそわしている感じ。通常料金のシャンパンを追加で頼んだ私は、軽い非難を浴びた。
 さっさと食べて、退散し、次は庶民的な屋台に向かうこととなった。まあ、でも私正直落ち着かなかったです。昨年お散歩したベンジャキティ公園の夕暮れを楽しめて良かったけど、バンコク最先端こじゃれレストランはちゃちゃっと退散となった。
IMG_8060_201805212009397cf.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR