FC2ブログ

ブルゴーニュ記念の旅④ フラヴィニー、スミュール、アレシア・・・小さな村めぐり

2018年9月10日
 ディジョンからの現地ツアーといえば、ワイナリーめぐりが定番だが、さすがに3回目の旅ともなると、ワイナリーツアーは行ったことがあるところばかりだろう。それならと、周辺の小さな村を巡るツアーを見つけて申し込んだ。思いがけない楽しい旅となった。


 車窓からは、のどかで美しい牧草とシャロレー牛たちが延々と見える。シャロレー牛とはブルゴーニュ地方で放牧される、美味な牛肉の牛だ。ひたすら、ひたすら、こんなゆったりした風景が広がっていて、楽しい。
IMG_8409.jpg

 古くて小さな街、フラヴィニー。ジュリエットビノシュとジョニーデップの映画「ショコラ」の舞台となったところ。好きな映画なので、思ってもいなかった突然の訪問に狂喜乱舞してしまった!本物のこの町には、チョコレート屋はなくて、代わりにアニスのキャンディー屋さんがある。
 IMG_8411.jpg
 ジュリエットビノシュが魅惑的なチョコレートを作る店は、今は閑散と人のいる気配はない。映画ショコラを撮影した場所、とか書かれた札がある。
IMG_8424.jpg
 何度も映画に出てくる教会。
IMG_8426.jpg
 フラヴィニーとは、カエサルの家来の名に由来するらしい。カエサルがまだフランスがフランスではなく、ガリアと呼ばれた時代から、この辺りはあったのだ。妙に興奮してガイドさんの話を聴いてしまった。

 世界遺産、フォントネー修道院。
IMG_8452.jpg
IMG_8447.jpg

 小さな街、スミュールアンオーソワ。お菓子屋さんに行く?って確認されたけど、時間がないのを気にして行きそびれてしまった。本当は、スミュレットという土地のお菓子があるはずで、食べてみたかったのに。
 IMG_8461.jpg

 途中で車から見えた、アレシアという街。ガイドの女性が、古代ローマのカエサルと、ガリアの戦士ヴェルチンジェトリックスとの有名な戦いの街よ、と教えてくれた。現在は博物館が建っているようだ。一瞬しか拝めなかったが、あとで手持ちの歴史本を見たら、ちゃんと私はアレシアの戦いを赤線で引いていて、更に旅の後に改めて読んだ「ローマ人の物語 ユリウスカエサル ルビコン以前」にも、このアレシアの戦いは事細かに描かれていた。もっとあらかじめよく知っていたら、この風景がもっと感慨深いものだったろうに・・・。何度もこの戦いの説明をしてくれたガイドさんに感謝だ。
IMG_8434.jpg

 ガリアの歴史、ロマネスクの芸術を味わった現地ツアーだった。もっともっと、英語とフランス語が話せて、昔学んだローマ史を覚えていたら、もっとガイドさんと話が弾んだだろうに・・・自分のふがいなさも痛感した旅となった。また言葉と歴史、頑張ろうという気にもなった。
 ヴェズレー、オータンなど、まだまだ行きたい小さな街はあった。また10年後、必ず来よう、そう思った。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR