薄桃色のマジョリカ

2014年6月9日
  昨日から鉢植えの薔薇、マジョリカが咲き始めた。直径5,6㎝ほどの小さな薔薇で、薄桃色の優しい色合いだ。あいにくと黒星病に葉っぱがやられているし、枝も貧相だが、それでもしっかりと咲いてくれてうれしい。
 2年前急に職場の異動を命じられた時、その部署のアシスタントをしてくれていた人々から3鉢の薔薇を贈られた。私が薔薇好きと知っていた彼女らは、あらかじめどんな薔薇が好みか確認してくれたので「剣弁咲きではない薔薇が好きです」とお願いした。そうしたら見事に剣弁咲きの「ラフランス」「マダムヴィオレ」そして「マジョリカ」をプレゼントしてくれた。選ぶときにショップの人と私のことを噂しながら楽しく選んだこと、苦労して職場に鉢を持ち込んだことなどを笑顔で語りながらプレゼントしてもらった。嬉しかった。私は彼女らがどんなときにも笑顔を絶やさず、しかも機敏に働く姿を高く評価していたし、彼女らも私の賞賛に応えてくれた。そんな彼女らからの心のこもった薔薇の花をどうして愛せずにいられようか。いずれもそれぞれに品のある美しさで、気高い薔薇だった。ラフランスの強いダマスクの香りにも魅せられたし、マダムヴィオレはフランス女優、マジョリカは可憐だが品のある少女のような美しさだった。
 それでも鉢植えが苦手な私は、まずラフランスを、次いでマダムヴィオレを貧相な姿にしてしまった。ラフランスは完全に昇天。マジョリカも葉っぱが貧弱である。それでも今、なんとか3回目の春の開花を迎えてくれた。
 今朝、彼女らの一人は駐車場で右折を待つ私に道を譲ってくれた。相変わらずの優しさに、マジョリカの薄桃色を思い出した。控えめだが、穏やかに優しい色。半剣弁咲きのしっかりした薔薇の姿。マジョリカには棘はほとんどなく、花持ちも良い。小ぶりながらもしっかりと咲き抜く強さを持つマジョリカに、彼女らの姿が重なる。明日にでも、うれしい開花の報告をしなければと思った。
 

マジョリカ

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR