金ぴかユリウス、見どころある奴

2017年6月6日
 金ぴかラベル、珍しいスイスワインをいただいた。夫の部下さんがチューリッヒで買ってきてくれた白ワイン。ユリウス、と古代ローマの英雄の名が記されていて、好感度あり。
 一口飲むと、微かに発泡するような爽快感。ほんの少し、ほろ苦い味、コクもすっきり感もあるしっかりしたあじわい。スイスのワインは、のっぺりした凡庸なあじわいに感じることが多いのだが、これはしっかりと自分を持っている、なかなか見どころのある奴、という印象。美味しくて、あっという間に二人で一瓶空けてしまった。
 チューリヒ空港のワイン売り場で、強く勧められて購入してくれたとのこと。さっそく夫は部下さんにお礼を言ってくれたようだ。今年のバカンスには、チューリッヒ空港に立ち寄る予定。購入店の場所も、部下さんは送ってくれたので、この美味しいワインを買ってくる予定。楽しみだ。

スイスワイン

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

土佐 初夏の味

2017年6月4日
 初夏の爽やかな柑橘類を楽しんでいる。高知県産のその名も土佐小夏。グレープフルーツのような色合いだが、もっと甘みがあり、とっても美味しい。白いわたをつけたままいただくようだ。最初にリンゴを剥くように外皮を剥く。それを切って、わたごと食べる。わたは全然苦くなくて、微かな甘みがあり、ふんわりしている。解説を読んだときは、えっと驚いたが、今ではすっかりこの食べ方がお気に入り。ただし、夫は苦手のようだ。この美味しさは、私が一人で独占している。
 江戸時代の終わりには、すでに土佐に生まれた品種のようだ。2月に訪れ、空港から送った文旦も美味しかった。その縁?で、今回案内状が届いた。試しに買ったら、なんと素敵な初夏の味。南国土佐は、遠いようで近い。また今度、光をたっぷり浴びたフルーツを注文しよう。

土佐小夏

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

2年越しのテッセン

2017年5月28日
 和の花コーナーに、テッセンが開花した。薄紫の花芯が乳白色の花びらによく映える美しい和風クレマチスだ。
 3年前に植えた花。だが、昨年は開花しなかった。葉っぱもついぞ見かけなかったから、駄目になったとばかり思っていた。そうしたら、この春、ぐんぐんと繊細な葉っぱを茂らせ、開花した。見事な復活を遂げた。なんとも愛おしい。
 和の趣がたっぷり。茶道のお稽古に持参した。だが茎が短くて、私が生けるとなんとも様にならない。先生に手直ししてもらい、ようやくその趣が蘇った。
 蕾はごく小さく、開花間もないときも、なんとも頼りなげな感じ。だが、徐々に凜としたしなやかな力を感じさせる花となる。開花時期も長いようだ。桃山時代に中国から渡来した清々しい茶花。多くの茶人が愛した花だと思うと、なんだかとても嬉しくなる。

テッセン

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

春の花、満喫

2017年5月23日
 忙しくしている間に、我が家の庭には春の花が次々と開花していた。ほとんど手間なしの丈夫な花たち、記憶にとどめておきたい。

勝手にひなげし2017
毎年勝手に庭に咲く、ひなげし。蒔いてもいないのに、特に今年はたくさん咲いた。鶏の落としだねなのだろうか。近所の道ばた、畑にも、同じオレンジのひなげしがたくさん咲いている。なんて丈夫な、コクリコ。奥には、やはり丈夫な勿忘草。こちらは庭にばらまきした種から育った。
ピエール2017
 丹精込めて育てたバラ、ピエールドロンサール。開きかけが一番美しいが、これは少し開き気味。
シモツケ2017
ビースのようなしべがキュート過ぎる、シモツケ。

エゴノキ2017
 毎年、夫が出張中に咲いて、あっという間に散ってしまうエゴノキ。今年も案の定、上海に行っている間に咲き急ぐ。「急いで帰るよ!」とのメールがあるが、やはり帰宅時にはほとんどが散ってしまった。でもまあ、芝の上に真っ白いエゴノキの花が在るのも、なかなか綺麗です。
コレボン2017
バラに添わせているクレマチス、マダムジュリアコレボン。今年は少し、バラと時季がずれ気味。それでもピンクのバラに、深紅のクレマチスがよく映えて美しい。

 私の心を和ませる、春の花たち。凜と、しなやかに、毅然と美しい。明日の朝も、また私を元気づけてくれそうだ。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

壁のバラ、満開

壁一面に誘引したバラピエールドロンサールが満開だ。薄いピンクの可憐な花が綺麗。幸せな気分になる。

ピエール壁一面2017
ピエール窓下2017
プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR