香川にやってきました!②

金比羅本宮

2017年8月4日
あこがれの金比羅さんに詣でた。テレビ番組、ブラタモリで見てから行きたいと願っていた。だが、仕事の合間の数時間で果たして行けるのか?空港から直行便もあるようだが、だいたいスーツケースはどうする?諦めていたのだか、行きの飛行機で気が変わり、やはり金比羅さんに行くことにした。
駅のコインロッカーに荷物を預け、腹ごしらえの讃岐うどんをいただき、さっそく歩き始めた。
先ずは大門から785段の階段を登り、 御本宮を目指す。途中の書院で円山応挙の襖絵を堪能。本宮に着く頃には、暑さもあり、大分疲れてしまった。ここで帰るか悩んだが、おそらくは一生に一度の金比羅さん詣で。諦めずに奥宮を目指すことにした。923段の白峰神社は崇徳天皇とその母、待賢門院 を祀る。平家物語に語られる悲しみに満ちた生涯の崇徳天皇。渡辺淳一さんの小説で待賢院門の数奇な人生を知った私は、この神社にしみじみとお祈りを捧げた。さて、息がだいぶ上がっていたが、更に上をめざす。もう、登山です。ようやく1368段の奥宮に到着したときは、汗だくで足も棒のよう。だが、神秘的で厳かな雰囲気、街や瀬戸内海を一望できることに大満足だった。
白峰神社 奥宮

金比羅さん眺め

江戸時代から庶民に愛される、ご利益溢れるところ。金比羅さんのパワーでこれからの人生も幸せに過ごしたいものだ。

香川にやってきました①


2017年8月3日
四国は憧れの南国。中で香川には来たことがない。仕事上の機会があり、喜んで文書やプレゼンの準備を整え、やってきた。
暑い。陽光がまぶしい。ホテルの窓にはのどかな瀬戸内海が拡がる。目の前に島があって、やたらとウキウキする。ああ、こんなところで暮らしたら、仕事で嫌なことがあっても、せこせこ、ぎすぎすしないのに・・・多分。
さっそく讃岐うどんを食べて、スニーカーに履き替えて、歩き始めた。

ふわふわ百日紅


2017年7月30日
玄関先の百日紅が満開だ。植えた百日紅ではない。数年前に鳥の落とし種と思われる百日紅が勝手に咲き始めたのだ。
今年も可愛らしく濃紅色のふわふわした花を咲かせた。私が出先から帰ると、枝が風に揺れて、花も揺れてお出迎えしてくれる。お帰りと言って、歓迎してくれているようだ。花の時季は長いが、更に花の後に切り戻せば、また可愛らしく返り咲きする。
勝手に生えた強靭な生命力。夫も気に入って可愛いがり、こまめに切り戻して、返り咲きを促している。

no title


2017年7月23日
山形県高畠町にある、小さいけれど由緒ある神社に詣でた。安久津八幡神社である。宮城県七ヶ宿町と高畠をつなぐ国道 沿いに、急に現れる三重の塔。道の駅高畠の真向かいに、さりげなく佇む。
小雨のなか、ゆっくりとお参りした。ごくごく小さな神社。だが、なんと860年の建立だという。なんと長い年月、この地を守り、人々の願いを聴いて来たのだろうか。
ご朱印は道の駅に隣接する観光所で書き置きのものをいただける。聞けば一時はプレミアがつく人気だったとか。
素敵な三重の塔と長い歴史、プレミアご朱印で、なんだかたっぷりのご利益をいただけたお参りとなった。

勿来の関で夏ゴルフ



2017年7月17日
意外なところで土地の歴史や地理を感じながらのゴルフを楽しんだ。歌銘としても有名な、関所があった福島の勿来である。
宮城の実家に帰る途中、さほど期待せずに安さで予約したゴルフ場。だが、往路で思いがけず海岸線の風景を堪能。その昔はここが奥州の入り口だったのだと、しみじみする。小高い山の上にあるゴルフ場からも、ワンホールだけだが海がみえた。おお、海がみえた、とスイングすれば、近くに停まる船だろうか、汽笛がぼーーーっとなった。なかなか素敵な雰囲気で、真夏のゴルフを楽しんだ。全体の距離が短いせいもあり、スコアもまずまず。
ランチの鰹タタキもたっぷり。旅気分で楽しめた。
プロフィール

bordeauxlyon

Author:bordeauxlyon
のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR